ぽえぽえぽえむ。

脳汁生活。

時代の変化に、老いて枯れないように考えるブログです。

MENU

【パート2】価値観を高めると強みになるらしい。『VIA』を受検してみた。

f:id:usagoke:20170703010333j:plain

以前、価値観に基づく強み、『VIA』について解説しました。

 


強み測定ツールは色々とありますが、このVIAは無料でありながら、本格的。

 

前回詳しい説明はしてありますので、詳細は割愛しますが、VIAは古今東西、美徳とされてきた価値観を文献調査し、人間本来の強みを24つに分けました。

 

その24の強みを、知恵、勇気、人間性、正義、節制、超越性の6つに分類しています。

 

価値観に基づく強みと呼ばれる理由が分かりますね。

 

今回は後半戦ということで、正義、節制、超越性の強みについて解説してみたいと思います。

 

 

 正義の強み

字面はめちゃくちゃかっこいいですよね。お堅そうな印象は否めないですが・・・
でも、それは自分の倫理観や価値観に正直な証。
僕はかっこいいなと思います。(なぜか上から。)

 

  • チームワーク

グループやチームの一員としてうまく立ち振る舞う。グループに忠実で、その中で自分のやるべきことを行う。チームワークを強みとするあなたは、グループの一員として優れた能力を発揮します。忠誠心が強く、献身的なチームの一員でもあります。グループの中で常に自分の役割を果たし、グループの成功のために一生懸命に動きます。

 

 ワースト2位でした・・・

 

社会不適合者と言われても構わない。そもそもチームワークって言葉が好きではないんですよね・・・

 

 

よいチームに恵まれたのなら、そこで自分の時間を使おうと思えるのでしょうが。
自分は自分のために使うと思っているので、納得の順位ですね!

 

 

  • リーダーシップ

 自分が属するグループが物事を達成できるように力づけると同時に、グループ内で良い人間関係が保たれるように尽力する。グループのメンバーが活動しやすいように支援し、実現できるように動く。リーダーシップに強みをもつあなたは、リーダーシップを発揮するのが得意です。グループが物事を成し遂げられるように励まし、全員にグループに対する帰属意識を感じさせることでグループ内の調和を保ちます。あなたはグループメンバーが動きやすいように支援し、実現できるように動く人です。

 

16位・・・うーん。

 

今までリーダーをやっていた経験はあるのですが、望んでいたというより、そうならざるを得ない状況だったからというのはありますね。

 

 

この感覚はスッと理解できるのですが・・・これはあくまで、プロジェクトマネジメントというかね。

 

人にあれこれと指示を出す暇があったら、同じ波長を持つ人と仕事をしたいって気持ちはずっと持ってますね・・・ああ、不適合。

 

 

  • 公平さ

 公平や正義という概念に従ってあらゆる人々を同様に扱う。自身の個人的な感情が他者への評価をゆがめることを許さない。皆に公平にチャンスを与える。公平さを強みとするあなたにとって、あらゆる人々を公平に扱うことは揺るぎない信念の一つです。あなたは自分の個人的な感情が他者への評価をゆがめることを許しません。あなたは誰にでも公平にチャンスを与えます。

 

第8位でした。確かにこの感覚はあると思いますねぇ。環境による格差によって生きづらさを抱えている人がいる現状に、憤りを感じますし。

高校生くらいの頃は、世界の不平等に疑問と怒りを感じてましたし。

 

あとは、感情でなく、何かの基準で人をフラットに見ることは割とありますね。友達や恋人でも、その評価はストレートに下します(笑)。
なので、ドライとか言われることもありますねえ。

 

 

『公平さ』以外は低い順位となりました。残念。

 

低い順位を目にして思うのは、別に高めなくてもいいや。ということ。

 

なんか、「おー、これこれ感」がないので、あんまり自分感を感じないんです。
「チームワークを伸ばせ!」とか言われたら、じんましん出てきそうですよ・・・合わないことはやるもんじゃないです。

 

 

節制の強み

低すぎて焦るくらい低かった・・・

 

昔から我慢が嫌いで・・・自分の気持ちを押し通したい気持ちが強いんですよね。それは仕事だけじゃなくて、普段の生活にも出てるなあと思います。
食べたいものとか、食べたいときに食べるし。

 

え、なんで今とんかつ食べちゃダメなの?なんで止めるの?あんた誰だよ?みたいなことはよくあります。

 

 

  • 慎み深さ

 自分の業績を自慢せず、自ずから明らかになるのに任せる。自分自身が脚光を浴びることを求めない。ありのままの自分以上に自分のことを特別だとは考えない。慎み深さ、謙虚さを強みとするあなたは、自分自身が脚光を浴びることを求めず、自分の業績を自ら吹聴せずとも自ずから明らかになるのを好む人です。あなたは自分を特別な人間であるとは考えていませんが、人はあなたを評価し、あなたの慎み深さに敬意を払います。

 

はい。ワースト1位。

 

かといって、過度に目立ちたがりだったり、自慢することはあんまりないんですけどね。

 

まあ、ただ事実は事実として、頑として主張するところはありますし(心の中で。)、自分のことをどこかで特別な人間だと思っている節はありますw

何かを重んじて、自分を卑下することもないです。自分は正当な評価を受けるべきだし、その権利があり、その成果も出しているとさえ・・・思うことも。

 

でもそこはうまくコントロールして、にこりとやり過ごしてます。

 

「いえいえ、自分はまだまだなので・・・(いつかてめえ見てろよ。その椅子座れなくしてやるから)」

 

『社会的知性』が効いているんですよ!

弱みを強みでカバー!すばらしい!!!

 

 

  • 自律心

 自分の気持ちや振る舞いをコントロールする。規律正しい。自分の食欲や感情をコントロールする。自己調整を強みとするあなたは、自分の気持ちや振る舞いを自ら意識してコントロールする、規律ある人です。あなたは自分の食欲や感情をコントロールしていますが、逆に食欲や感情にコントロールされることはありません。

 

だーかーらー

 

言っただろ?我慢は嫌いだって。

 

気持ちを抑圧して後で爆発するより、ちゃんと気持ちに向き合って、伝えるなり、昇華させるなりしたほうがいいでしょ。

 

そんな感情が人生を面白くさせんだよ!以上!!!

 

 

  • 思慮深さ

注意深く選択する。不必要なリスクは決してとらない。後悔するような言動はとらない。思慮深さを強みとするあなたは、注意深い人であり、常に用心深く選択を行います。後になって悔むようなことを言ったり行ったりせず、慎重です。

 

この感覚、分からないでもないです。僕も不用意なリスクや選択をして、時間を無駄にしたくないですし。

 

でも、選択して行動しなきゃ、どれだけ予測しても分からないって部分もあるなあとは思っていて。

 

だけど、なんだろう。じっくりと考えることもまた、時間を無駄にしたり、後悔しないための方法だとも思います。
人生の無駄を省いて、効率全開で生きていくという意味でも、『よく考える』ことの良さはあるなあと。

 

ガンガンリスクを取って進んでいく人の後ろで、「いや、待てよ・・・」と、セーブを利かせされる人たちとの相性はいいなと思いますし。

 

人は違うからこそ面白いですねえ。

 

 

  • 寛容さ

過ちを犯した人をゆるす。人にやり直すチャンスを与える。決して復讐心を持たない。寛容さ、慈悲心を強みとするあなたは、自分に対して過ちを犯した人をゆるします。あなたはいつも人にやり直すチャンスを与える人です。あなたという人間を導く信条は慈愛であり、復讐心ではありません。 

 

こうなりたいと思う人生でした・・・

 

寛容にね。いや、もちろんなれるんですよ。VIAの強みは、意識をすればそれが上位にくるとされているんです。

 

実際、この寛容さは個人や社会にとって必要だと思っていますし。

 

 


自分に無理のない範囲で、計画的に、『寛容さ』を利用できたらと思います。

 


 

超越性の強み

  •  ユーモア

 笑いやいたずらを好む。人に笑いをもたらす。明るい面を見る。ジョークを考える(必ずしも口にしなくてよい)。ユーモアを強みとするあなたは、笑ったり、いたずらしたりするのが好きな人です。あなたにとって人に笑いをもたらすのは大事なことです。あなたはあらゆる場面で明るい面を見ようと努める人です。

 

心理学の大家フロイトは、彼の偉大なる研究成果である『防衛機制』のなかで、ユーモアは最も高いものであると言っていたそうです。

 


思えば、人生嫌なことは起こるわけで・・・
どんなにネガティブな状況であっても、笑い飛ばせる人ってなんか素敵だし、突き抜けた強さがあるような気がしますよね。

 

喜劇王チャップリンの作品も、世界大戦中の異常な時代のなかで、あえて、ユーモアを打ち出していくことで、人間の底知れぬ強さを僕らに見せてくれたように思います。

 

ポジティブ強し。ですよやっぱり。

 

 

この動画は、必見です。鳥肌総立ち・・・

 

 

 

31日間無料トライアル中。いちいち、DVDなんて買ってられるか!という方は、これに登録してチャップリンまみれになっていただきたい。
他の作品も観れますしね~。1月映画漬けというのも悪くないでしょう。

 

これらの名作を見て、ユーモアを高めていきますか・・・(ユーモア22位というペシミストはここにおりますよ~。)

 

 

  • 感謝

 自分や周りに起こった良い出来事に目を向け、それに感謝する心を持つ。そして、感謝の気持ちを表す時間を持つ。感謝を強みとするあなたは、自分に起こった良い出来事に気付き、それを当然のものとは決して考えない人です。あなたは常に感謝の気持ちを表す時間を持つようにしているので、あなたの家族や周囲の人はあなたが感謝する心をもっていることを知っています。

 

感謝って強みなんだ!!!って思いました。

 

まあ、なんか敬虔というか尊いそんな感情ですよね。思えば。万国共通の概念であり、これを悪いという人っていないでしょうから・・・

 

それにほら、感謝の気持ちがあれば、最後はなんだって上手くいきそうな気がしています。
単純思考が極まっていますが、誰かを傷つけあうこともなくなるのかなと。

 

色んな命にのつながりに感謝するというと、スピっぽいですが、それでも大切な価値観であることに変わりないですし。

 

・・・と19位の人が言っております。 

 

 

希望

素晴らしい未来を描いて、それが達成できるように努力する。良い未来がもたらされると信じる。希望を強みとするあなたは、最善の未来を描き、それが達成できるように努力する人です。未来は自分の意思で切り拓いていくことができるものだと信じています。 

 

うん。納得。

 

いやあ、超越性の強みはどれもポジティブなニュアンスを感じますね。

 

絶望したって始まらないですからね。僕らに元気を与えてくれる人や、世界を導く人たちはみんなこの、希望を持っているような気がしますよ。 

 

『良い未来がもたらせるよう信じる』って、どんな物語の主人公も持っている価値観ですもん。

 

希望。かっけえ。

 

 

  • 審美眼

 人生のあらゆる領域、つまり自然から芸術、数学、科学、日常の経験に至るまで、そこに美や、卓越性、あるいは熟練の技を見出し、それらの真価を認める人。審美眼を強みとするあなたは、人生のあらゆる領域、つまり自然から芸術、数学、科学、日常の経験に至るまで、そこに美や、卓越性や、熟練した技を見出し、それらを深く味わう力のある人です。

 

これこれこれこれ!!!

 

めっちゃ伸ばしたい強み!!!

 

感受性のレベルを最大限に高めたいのですよ、わたくしは。だって見てくださいよ。

 

日常の経験に至るまで、そこに美や、卓越性や、熟練した技を見出し、それらを深く味わう力のある人です。』 

 

ですって。

 

最高じゃないですか。感度を上げれば、日々が美しくなるわけですな。

 

こんな人は日常の些細なことにも感動を見出していきそうなので、人生が楽しくなりそう。 

 

 

より高次の目的や、森羅万象の意味について、一貫した信念を持つ。より大きな枠組みの中で自分がどこに適するのかを理解している。有意義な人生について信念を持っており、信念に基づき行動し、やすらぎを感じる。スピリチュアリティを強みとするあなたは、より高次の目的や、森羅万象の意味について、強く一貫した信念を持っています。あなたは自分がより大きな枠組みの中でどこに位置するのかを理解しています。あなたは信念に基づき行動することで、やすらぎを感じます。

 

きました!!!第1位の強みです!!!

 

昔から、社会貢献的活動をしてきましたし、大学生活は、自分が信念を持てるものを探していました。

 

 

 

 


ちゃんと就職もせず、ふらふらしていたら、やっと自分の信念が持てることを見つけることができました。

 

それは僕にとってはまぎれもなく、書くことでした。

 

ただ、書くことだけじゃなく、感動を与えられるような作品を生み出していきたい。

 

そんな思いで、毎日ブログや詩を書いています。

 

広い世界の中で自分に与えられた役割は、きっとこういうことじゃないかなと思いながら。

 

あなたは信念に基づき行動することで、やすらぎを感じます。

 

解説にはこうありますが、まさしくそうなんですよ。

 

書かないとなんか落ち着かないんですよねw

 

日々の生活の中で、何か感じたことがあったりすると、すぐに筆を取りたくなる。こういうのは抑えられない欲求なんですよ。

 

こんな素敵なものに、22歳で出会えたのは幸いでした。

 

これからも、何かの刺激に単純に反応するのではなく、目的を持って、書き続けていきたいなと思います。

 

 

2編にわたって、価値観に基づく強み『VIA』を解説してみました。

 

 

無料ですし、30分もあれば自分の強みが分かるのでぜひ受けてほしいなあと思います!

 

そして、強みが低くても気にしないこと!

 

VIAの面白いことは、意識をすれば強みを伸ばすことができるというところ。

 

強みは固定的なものではなく、意識や環境の変化で変わっていくものなんです。

 

時代や自分に合った強みを伸ばしていきたいですね。

 

ぴょいぴょーい!