ぽえぽえぽえむ。

脳汁生活。

時代の変化に、老いて枯れないように考えるブログです。

MENU

【強み】価値観に基づく診断ツール『VIA』をやってみたよ!

このブログでは自分の強みを知ることを奨励しています。

 




非常に単純なことですが、多くの人が気づいていないんじゃないかなあということ。
それは、自分を知らなければ、何もできないということ。

 

仕事が思い通りにならず、苦しむのはあなたが悪いわけではなく、その周りの人との相性(強みの相性)や、向き不向きといった適正である可能性が高いんです。

 

向いていないな・・・なんか違うな・・・という思いを抱えたまま過ごすのは、時間の無駄です。
あなたができないことは、他の誰かが出来るんですよ。そうやって世界は回っているんです。

 

どんな人であれ、経験はしているはずですから、自分の向き不向きや、好き嫌いは分かるはず。

マイナスをプラスにするより、プラスをさらに高めていく方が合理的でしょ、どう考えても。

 

人生そう長くはありませんからね・・・そりゃ時間をかければ、嫌いなことも好きになるかもしれません。
でも、それは、目の前の向いていることを切り捨ててまで、時間を割くべきことだとは思いませんね。

 

取れるものは取り、捨てるものは捨てていきましょう。スマートに生きるんです。

 

 

表面的なスキルに固執するな!!!

 

いますよね・・・表面的なスキルでしか物事を見れない人たち。

 

いや、分かりますよ?即戦力を必要とする時代ですから。

 

でも、綺麗なコードが書ける!とか、要望通りのデザインができる!とか、プロマネがどうたらとかいうスキル的強み。

 

はっきり言って、こういったスキル的な強みだけを高めていく人は、この先淘汰されていくと思いますね。ええ。

 

世界中にアウトソースができるようになり、人材がグローバル化していく中で、あなたより、スキルを持っている人材なんてゴロゴロいるわけですよ。

 

どんな世界だって上をあげればキリがない、青天井な世界でしょう。

 

そう、ナンバーワンを目指すことは難しい時代なんです。いやだ!と言っても、競争はどんどん進んでいきますからね・・・

 

でも、ナンバーワンは難しくても、オンリーワンにならなれるかもしれない。

 

スキルが乏しくても、そこにあなたにしかできない・あなたのよさが付加価値になれば、それは唯一無二の強みとなります。

 

必要なのは、枝葉を鮮やかに彩ることじゃない。幹をしっかりと太くさせること。

 

とりあえず資格を取ったり、必要そうだからと、何かの勉強に取り組むのではなく、自分の価値観的にそのスキルが必要だから、やる。

 

方向性がブレブレの小手先のスキルなんて、誰も欲しはしないですよ。

 

僕らはもっと僕ららしさを知らないといけないんです。

 

 

価値観に基づく強みを知る

強みに関する記事として、こんなものを書いていました。

 



今回取り上げるのは、価値観に基づく強みを知れるVIA。

 

人の強みに焦点をあてた、ポジティブ心理学の真髄と呼ばれる研究テーマなんですよね、強みって。

 

強み研究の第一人者のクリストファー・ピーターソンは、若くしてこの世を去りましたが、彼の残した功績は、今なお、こうして残っています。

 

強み診断ツール『VIA-IS』の紹介|ポジティブ心理学 無料心理テスト

 

ポジティブ心理学の第一人者であるクリストファー・ピーターソン博士とマーティン・セリグマン博士が開発した、強み診断ツール「VIA-IS」を無料で受講できるオンラインサイトをご紹介します。

米・VIA研究所が提供するこの診断ツールは、世界190カ国、260万人以上の人々に使用された、最も信頼のおけるものの一つです。

「VIA-IS」における強みは全部で24種類に分類され、そのうちトップ5の強みが「自分を特徴づける強み(Signature Strength)」とされています。これらの強みを生活や仕事などで活用することで、人生の満足感や仕事の充実感が向上するという研究結果も報告されています。

 

 24の強みって何を根拠に出したんや!とかツッコミをされそうなので、補足。

 

世界中の人が受検するわけですから、そこには普遍性が必要ですよね。ある時代、ある場所だけで存在するような強みではダメなんです。

 

そこで、2人の博士は古今東西の歴史的文献を調査し、どんな場所、時代においても重要視されてきた、『強み』を抽出し、それを24にまとめあげたんです。

 

さあ、じゃあそんな歴史の重みも感じるテストを受けてみましょうか・・・
(受検時間は15~20分ほどです。)

 

え、うそ・・・当たってる???

結果はこんな感じ・・・じゃん!!!

 

f:id:usagoke:20170625225433j:plain

 

自分がもっと好きになりました(笑)。なんてすばらしい人間なのかなとww

 

TOPのスピリチュアリティはこんな感じの強みなのですが、いやあ当たっているなあと。

より高次の目的や、森羅万象の意味について、一貫した信念を持つ。より大きな枠組みの中で自分がどこに適するのかを理解している。有意義な人生について信念を持っており、信念に基づき行動し、やすらぎを感じる。スピリチュアリティを強みとするあなたは、より高次の目的や、森羅万象の意味について、強く一貫した信念を持っています。あなたは自分がより大きな枠組みの中でどこに位置するのかを理解しています。あなたは信念に基づき行動することで、やすらぎを感じます。

 

色んな人がいる世界の中で、自分の存在意義を考えるし、自分に合った仕事をして、誰かや社会のために役立ちたいという気持ちをずっと抱えていたので。

 

ちなみにワースト5位はこんな感じです(笑)。

 

f:id:usagoke:20170625230056j:plain

 

あっら・・・ごめんなさいねえ(笑)。

 

まあ、自分のことを謙虚だとは全く思いませんね・・・違うと思ったら、どんな相手でも主張しましたし、自分の意見は押し通したいタイプなので(笑)。

 

チームワークもほぼ皆無ですね・・・就活の時に、あるじゃないですか。「チームでやれますか?」みたいな質問。

 

僕はチームワークという言葉を使いたがる奴は、自分のできないことを理解していて、そこを補てんするようなメンバーを的確にアサインできる、アレンジ力がある人か、単純にめちゃくちゃ仕事ができないかのどちらかだと思っているので(笑)。

 

 

そして多いのは圧倒的に後者。

 

社会に出てびっくりしたのは、使えない人の多さよ・・・のうのうと給料もらって生きてこられた旧人類の恐るべき末路ですね・・・
これからは、通用しませんよ。ほんと。

 

 

ツールを使い倒せ!

この種のツールは腐るほどありますが、積極的にどんどん使うことをおススメしています。

 

だって、どんなに立派なものでも1つしか受けてないと、なんか怪しいじゃないですかwでも、複数のこういった『強み発見ツール』の中で、共通するものを見つけられると、その強みは、なんとなーくそうなのかなあと思えるはずです。

 

 

 こちらは、『強みの決定版』。強みと言えば、真っ先に出てくるのがこちら。自分と他人への理解が深まることで、ぐっと生きやすくなると思いますね。

 

全ての資質について解説がありまして、パートナーと一緒に受けてみるのも面白いかも・・・(笑)。
お互いの不満が、お互いの持つ資質から来るものだと分かるかもしれませんしね。

 

 

 強みではないのですが、視覚や聴覚といった認知に関する傾向を示した一冊。

 

道順を一度で覚えられる人もいれば、曲を一回聞けば、その音を掴める人もいる。
それらの違いは、才能ではなくあくまで、傾向だと捉えた一冊。

 

自分の向き不向きに悩んでいる人におすすめの一冊ですね。

 

 

【リクナビNEXT】で転職!

 

こちらはご存知リクナビグッドポイント診断。30分程度の時間で18種の強みのうち、どれに当たるかが分かります。

転職、キャリアアップを図る人はもちろん、そうでない人にも受けていただきたいテスト。
場所が分かりづらいのですが、下の方にスクロールすると出てきます。

f:id:usagoke:20170625233216j:plain

 

自分を知ることにゴールはありませんが、その過程すらも楽しいというかね。
そんな風に思っていける人が伸びていくのかなと思うんです。

 

ぴょいぴょーい!