ぽむぽむぽえむ。

こころをかいかする。

誰かを羨ましく思う暇があったら、鏡に映る自分を何時間でも眺めていなさいという話。

 

 

 

 

どんなに頑張っても、あなたはあなたにしかなれないんですよ。

 

なんか、聞いたことありますよね。

 

あなたがあなたの人生を生きないで、誰があなたの人生を生きるんだって

 

羨む気持ちも多少は必要だと思います。人生を進めるための推進力になりますからね。

 

行き過ぎた羨望は・・・辛いと思います。

 

僕らに必要なことって、たぶん、自分を諦めて受け入れる強さだと思うんです。

 

だからこそ、僕らは自分を知って、使ってあげないといけない。

 

さあ、迷えるみんなに手を差し伸べようぞ。

 

自分を知る。



 

自分を受け入れる。 

 




 

なんか、色々と僕は書きますけど、一番伝えたいのは、ありのままに生きるってことなんですよね。

 

僕もまだ全然できていないですけど・・・

 

ただ、誰かを羨む気持ちはなくなって、すごく楽になりました。

 

ようやく、自分を受け入れて、自分を自分として使ってやろうと思えるようになったというか。

 

自分をじーーーーーーっと見つめるんです。嫌でしょ?辛いでしょ?

 

でもやるんです。

 

自分を知らなきゃずっと苦しい。

 

カッコ悪くても、「これが俺だから!」と割り切れるような潔い生き方に、粋を感じます。

 

 

ぴょいぴょーい!