ぽむぽむぽえむ。

こころをかいかする。

幸せの価値観が近い人と一緒にいよう。

f:id:usagoke:20170603201705j:plain

 

 

 

 

 

私うさぎごけにとって、幸せとは何か?を考えることはライフテーマだったりします。

 


あなたの幸せはどこから?

 意外の意外にも、自分の幸せがどこからやってくるのかを知らない人が多いような気がしています。

 

(ちげえ!幸せは掴み取るもんだ!というスナイパーだったら即失格な的外れオピニオンもあるので、一応言っておきますね♪)

 

 

f:id:usagoke:20170603202704j:plain

 

ゴルゴ13みたいなマンガも電子書籍で読めるんですよ~。 今度また記事書きますね。)

 

僕思うんですが、自分の幸せを知らなきゃ、その幸せの掴み方も分からないですよねw

 

「野球ボール投げるからキャッチしてくれ!」と言われても、野球知らなきゃ、キャッチできないのと一緒です。(例えェェェ・・・)

 

何にしてもそうですが、知らなければ、お話にならんのですよ。

 

 

青い鳥がどこにいるかは、もう分かってるんだよね。

幸せというのは、太古の昔より、考えられてきたものでした。白いひげがもじゃじゃした人や、髪の毛がもじゃもじゃした人たちが、1日中考えていたんですね。いい時代。

 

幸せそのものの定義論争に決着は尽いていないものの、先人たちの知恵と、心理学の発達により、幸せを構成する要素が何なのか?という部分はだいぶ明るみになってきているみたいです。

 

そう、もう不毛な青い鳥探しはしなくていいんですよ。大体の幸せは自分の中にありますからねえ。

 

 

本ブログには何度も登場していますが、アメリカの心理学者のマーティン・セリグマン氏がその道を拓いていきました。

 

彼の『ポジティブ心理学の挑戦 “幸福"から“持続的幸福"へ』という書籍の中で、幸せの構成要素について述べられているのですが、まとめるとこんな感じになりますね。

 

①ポジティブ感情=快の人生 positive emotion

楽しみ、歓喜、恍惚感、温もり、心地よさなど自分が感じるものなど。

 

②エンゲージメント engagement

音楽との一体感、時が止まる感覚、無我夢中になる行為の最中での没我の感覚。充実した人生。

 

③意味・意義 meaning

自分よりも大きいと信じる存在に属して仕えること。簡単に言えば、利他的な行動や社会貢献など。

 

④達成 acievment

人は、この感覚そのものを得るために、何かを達成しようとしますよね。

 

⑤関係性 relationships

最後に大笑いをしたのはいつ?言葉で言い表せないほどの喜びを感じたのは?深い意味や目的を感じたのは?達成したことを誇りに感じたのは?

その出来事はすべて、他者がいるところで起きる。

他人というのは、自分が人生のどん底にあるときには最高の防衛手段となってくれるもので、唯一頼れる存在だ。

 

 ほら、青い鳥ってもう説明がつくようになってるんですよね。
 

f:id:usagoke:20170603210221j:plain

 
①~⑤は、どれも幸せの中に入っていそうな感じするじゃないですか。大切なのはここから。
 
この①~⑤の項目のどれが大事かというプライオリティには、個人差があるんですよ。
 
 

幸せの価値観が近い人と一緒に過ごし、人生の効用を上げよう。

大前提として、何に幸せを感じるかに、良いも悪いもないってことは頭に留めておくべきです。価値観が違うだけ。

 

ただ、この幸せの価値観が違いすぎる人と一緒にいると、たぶん、疲れますね。

 

例えば、①のポジティブ感情を大事にする人と、③の意味や意義を大事にする人の場合。

 

①の人はひょっとしたら、自分の快楽を優先する傾向があるかもしれません。決して自分勝手というわけではなく、「自分の人生なんだから、自分が楽しまなきゃもったいなくね?」という考え。

 
一方③の人は、自己犠牲の精神があるわけではないでしょうが、自分の身を捧げ、社会をよりよくしたいという信念があるかもしれません。そんな人の目には、好き勝手にやっているように見えがちな①の人の言動が鼻に障るかもしれませんね。
 
④の達成を重視する人と、⑤の関係性を重視する人も、特に男女の関係の中で色々問題がありそうじゃないですかww

 

自分の達成欲を満たすために、仕事に打ち込む彼氏と、彼氏との時間を大切にしたい彼女と・・・

 

「仕事と私、どっちが大事なの?」という言葉は、この幸せに対する価値観から来てるんですよ。

 

f:id:usagoke:20170603212022j:plain

 

先ほども書きましたが、この価値観に良いも悪いもないですよね。ただ単純に、自分にとっての幸せの優先順位が違うだけ。

 

ですが、僕らには人付き合いというものがあります。

 

人間関係を断捨離していくというのも、最近ありますが、たぶん、ここら辺から着想してるんじゃないかと思いますね。
切るというと、嫌な感じですが、僕は自分にとって、いい!と思える人を残すという風に都合よく捉えていますw

 

仕事の人間関係、友人関係もバッサバッサといきましょう。心にしこりを抱えたままで、過ごすのはお互いにとってよくないですから。
大丈夫ですよ。あなたじゃなくても、その人は勝手に幸せになっていきますよ。この記事を読んだらね。

 

もちろん、耳がいた~い恋人との関係も然り。性差もありますし、多少の我慢は必要です。が、あまりにも異なる価値観の違いを埋めていくのは、お互いに相当以上の心の余裕や寛容さ、徳の高さが求められると思いますよ。

 

ここんとこの流れはほんとによくできていて、面白いなあと思うのですが、最近のマッチングアプリって、価値観も選べるようになっていて、最初からスクリーニングできるんですよね。

 

まあ、実際僕も使用したことがありましてですねwwwその辺のレポはじっくり時間をかけて書いていこうと思います。

 

自分の幸せがどこから来るのか、それを知ると、人生グッと生きやすくなると思いますね!

 

 ぴょいぴょーい!

広告を非表示にする