読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽむぽむぽえむ。

こころをかいかする。

もう『優秀』であることは辞めにした。誰かの『優秀さ』にはまりたくないからね。

あんたのさじ加減だろ?

 

 

 

 

 

 


優秀さって非常に曖昧なものだと思います。人によって定義も捉え方も違うものですから。


どこに行っても優秀な人っていないと思うんです。いるとしても、それは、他人の評価の中で、優秀さを演じているだけというか…そういう人は賢いから、上手く優秀になるんでしょうね。


でも、それってすんごい器用貧乏というか、そこそこ感がするのは僕だけでしょうか。


突き抜けて、ある分野で大成したり、名を残すような人って、優秀とは言われないような気がするんです。


彼らにとって、優秀であることはどうでもよくて、ただ自分の信念やら欲望やらに真っ直ぐだっただけで。


僕はそっちの方がかっこいいなあって思うんです。


もう、優秀であるだけじゃあ生きていけない時代に入ってきてると思います。いかに、自分に正直でいられるか。そう思える環境に身を置けるのか。


環境選択が、同時に人生の生存戦略になる時代ですもの。


突き抜ける。


優秀さを超えた先にあるものを、手に入れましょうよ。


評価軸すらぶっ壊して、エラー出るくらいがちょうどいいんですよ。


ぴょいぴょーい!

広告を非表示にする