ぽむぽむぽえむ。

こころをかいかする。

詩。『Colors』

1つの命から生まれしもの

f:id:usagoke:20170507003404j:plain

 

 

・・・・・・

 

あの港も あの空も 1つの大地に落とされた

鳴り止まぬ雷鳴は その手を破ってゆく

異邦の瞳は 同じ世界を映して

約束のあの丘へ また笑い合えるだろうか

 

大切なその思い 今も胸に秘めたまま

大いなる血脈に 心を通わせられるの?

無垢な 鮮やかな 花を咲かせ続ける

 

命は散らばり それぞれの場所で

引き裂き合う魂 つけられた傷跡

懐かしさ込みあげ そっと抱きよせる

 

あの港も あの空も 1つの大地に落とされた

鳴り止まぬ雷鳴は その手を破ってゆく

異邦の瞳は 同じ世界を映して

約束のあの丘へ また笑い合えるだろうか

 

色とりどりの欠片 1つとして同じものはなく

遠く離れた涙 胸をしめつけ

この旅路の果てに 夢はきっと重なる

 

ああ鐘を鳴らして 眠りから声を上げて

ああ鐘を鳴らして 憎しみを慈しみに

ああ水を授けて 生まれくる小さな命に

ああ水を授けて この死地に花を植えよう

ああ約束のあの丘へ また笑い合えるだろうか?

 

・・・・・・

 

 

 

 

広告を非表示にする