ぽむぽむぽえむ。

こころをかいかする。

詩。『The Silver Arm』

闘っておくれやす

f:id:usagoke:20170501001110j:plain

 

昔も今も、忠誠の形はそんなに変わらないと思うね。

 

 

・・・・・・

 

そのうめき声をふりきって

銀色の左腕で すべてを変えるつもりなのさ

見えない窓から 戻らないあの朝日を眺める

鏡ごし 後ろの正面 だあれ?

 

ゆだねたこの身は 誰よりも強く

すり切れるまでどこまでも 抗うつもりさ

限界まで突き動かして!

運命と共に灰になるつもりさ

 

嘘に取りつかれたこの体

めまいが立ち込める朝だって もう置いてけぼりなのさ

the brain already melts

誰もいないあの大地に たどりつくまで

 

声も上げず 次々と撃ち落とされていく

朝が来たなら また悲しむのかな?

ただ私は この盾を守るために

 

鏡ごし 後ろの正面 だあれ?

 

ゆだねたこの身は 誰よりも強く

すり切れるまでどこまでも 抗うつもりさ

限界まで突き動かして!

運命と共に灰になるつもりさ

 

・・・・・・

 

ぴょいぴょーい!

 

広告を非表示にする