ぽむぽむぽえむ。

こころをかいかする。

正しさを追求して生きてると、辛いからさ、そんなの捨てちまおーぜ。

正しいだけじゃ、物足りない。

何かを始めたり、考えたりする時の指針として、僕らはよく『正しさ』を使いますよね。
小学生じゃないんですから、そんなこと考えなくていいんですよ。あなたに最低限の常識が備わっていれば、問題ないんです。

 

一般的に『正しさ』って意味の裏には、社会にとってこうあるべきとか、社会にとっての正しさを意味していることが多いように感じます。

 

でもそれって、魂削りません・・・?
すんげー疲れる気がするんですよね。だって、社会の正しさに自分を当てはめようとしている訳ですからねぇ。

 

社会は意識の集合体ですからね。『社会≠僕ら』なんですよ。似てるところもあるかもしれないけど、微妙に違う。
その違いに無理して合わせようとするから、魂すり減らしごっこが始まるんですよ~。つまんなそ~。

 

問うべきは、『正しいか?』ではなく『楽しいか?』だと思いますね!

 

僕は書くことが楽しいですよ!社会的に正しいかとか、考えると辛いですもん。
僕は社会貢献にも興味があって、色んなNPO非営利団体の活動も行ってきたんですが、やることが楽しくないんですよ・・・

 

いや、意味・意義を感じられて、自分たちは正しいことをしてるという実感はあるんですけどね・・・楽しくないから結局続かないという・・・これじゃあ本末転倒ですよね。
 
僕は以前とあるNGOで電話で寄付を募るという業務をしていたんですが、まあ、明らかに合ってないし、つまらないしで、速攻でやめてしまいました(笑)。
僕って友達との電話もあんまり得意じゃないし、好きじゃないなって、後から気づいたんですよ。
もっと早く気づけばよかったと後悔してます。

 

これは楽しいことかな?っていう問いをもって、人生を選択した方がワクワクすると思うんですよねえ。

 

最愛の君か、全人類の命のどちらかを選べというような、ハリウッド映画じゃあるまいし・・・
あれはドラマだから成立するんですよ。

 

リアルの人生なら、楽しい方に舵切っていきましょうよ。
 
 
 
ぴょいぴょーい!
広告を非表示にする