読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽむぽむぽえむ。

こころをかいかする。

続ける事よりも、続けられる事があるってのが大事です。

ドロンしよーぜ

日本の人って冷たいですよね。

特にやめるってことに対して。
仕事にしても、学生の部活にしても、やめることを悪とすら捉えているように見えます。
「やめます!」と言うと必ず返ってくるのが、
「あと、3年は、いたら?」(なんなんですか、その3年ルール。)
「とりあえず、続けてみないと分からないじゃないか!(キラッ。)」

 

なんなんすかねえ、その継続至上主義。

 

この国にはびこる、耐えるとか、続けるという美徳のせいで、どれだけの人が苦ししんでいるのか・・・

 

多くの組織にとっては、どんなことにも耐えうる、イエスマン的体育会系マゾヒストは重宝されます。
やめられる事はロスというのも分かりますよ。採用・教育コストを回収したいですもんね。
だから未だに、体育会系が有利なんでしょうね・・・続けるということが目的化しちゃってる。その先に何があるのか・・・

 

古い。そしてイケてない。
知識労働とか言いながら、結局は肉体・精神労働なのが、この国のリアル。
耐性だけを徹底的に鍛え上げたソルジャーは、次の時代の戦場では使い物になりませんよ。

 

世界が自動化・機械化の流れに向かうことはもう明らかじゃないですか。
ロボットには、疲れもなければストレスもないですからね。完全なる上位互換。ああ、こりゃ仕事取られるってのも分かります。

 

それでも、続けられるってことは、悪いことじゃないんですよ。

 

自分が続けたいと思って続けてることならね。むしろ、続けちゃってるっていう表現の方が適切かも。
無理や義務感が強すぎる『継続』は、身体と心をむしばみます。
極端に言うなら、自分が続けられないもの以外は、続けちゃダメなんですよ。

 

その道の天才になるには、パフォーマンスを上げるためには、1万時間必要だと言われていますが、そんなの嫌々できるわけないじゃないですかw

 

好きなことだから、みんな続けられるんですよ。だから、道が開けてくんです。
彼らは天才なのではなく、自分を愚直に信じて、やりたいことをただやっていただけだと思いますよ。

 

お願いですから、もっと寛容になってください。
やめることは悪いことなんかじゃないですよ。むしろ生存戦略上、必要なことです。

 

自分に合ってないことを無理にやることないんですって・・・お願いですから、心の声に気づいてあげて。
あなたに合う場所は他にもいっぱいあるはずなんですから。

 

日本人が好きな続けるという事に関して、新しい価値観を提示した書籍です。
続けられることだから、続けられるんですよね・・・
ベストセラーにもなりました!よろしければ、ぜひ!

 

ぴょいぴょーい!
広告を非表示にする