ぽむぽむぽえむ。

こころをかいかする。

日曜お昼はうさごけ絵本。『月と少年の冒険』販売しました!

f:id:usagoke:20170406190226j:plain

 

このブログで偉そうなことを色々書いていますが、一応、詩や短編児童書の書き手なもので・・・
ばっちり宣伝させてもらいますね~。
内容紹介より、一部抜粋です。

「夜を冒険してみないかい?」 
ひとりぼっちで寂しく、暗い夜を過ごす男の子は、ある晩、月に連れられて夜の空を冒険をします。 
夜の空は、光り輝く街を、キャンプファイアーを、オーロラを鮮やかに映し出します。 
いつもと違う『怖くない夜』。男の子が見た、新しい夜の世界とは・・・? 
 
小さな子どもにとって夜は怖いもの・・・本当にそうでしょうか? 
僕らが日々見ていて、怖れていることは、物事のほんの小さな1面でしかありません。 
もっと、視野を広げて、少年とお月さまのように心を広げることで、違った1面が見えてくるのです。 
さあ、新しい夜の冒険をしてみませんか? 


いつも通り絵がない作品ですが(笑)。

我ながら、夜の情景をだいぶ上手く描けているなあと思ってます。
想像力がかきたてられ、こころのかいか。にはもってこいです。

日曜お昼はうさごけ絵本。流行るといいなあ(笑)。
是非ともぽちっと!お読みいただけると嬉しいです!
 


ぴょいぴょーい! 

 

広告を非表示にする