ぽむぽむぽえむ。

こころをかいかする。

何でもかんでも一般化する人は、マジで子どもとの向き合い方考えた方がいいよ。

今時の若者は・・・


「今時の若者は礼儀がなってない!」

「女はみんなディズニーが好きなんでしょ?」
「男はみんなガサツだからね~」
 
いますよね。こーいう人。
 
 
物事のある1つ部分を切り取って、その表面しか見ていない。まあ、だから楽なんですけどね~。
そういう人はモテませんよ、残念ながら。
 
もし、あなたにお子さんがいらして、あなたが一般化するクセを持ってるなら、気をつけた方がいいと思います。
 
「私が若い時は、門限21時だったから、あんたも21時までには帰りなさい!」
「女の子なんだから、ピアノと体操はとりあえず習わせなきゃ・・・」
「あら・・・○○くんは塾に行って成績が上がったのね・・・ならウチの子も習わせなきゃ!」
 
これらは子育て界隈にはびこる一般化のほんの一例ですよ。
 
客観的に考えて下さいよ、部下みんなを同じように褒めて、パフォーマンス上がると思いますか?
 
ありえないですよねw
 
あなたのお子さんは、あなたとも、学校の先生とも、お友達とも違うんですから。
一緒にしないで下さい。押しつけないで下さい。
 
そのままだと、あなたにそっくりなコピーロボットか、従順なペットに育ってしまいますよ。かわいそうに。
 
子どもと過ごす時間が1番長い親が、子どもの考え方や嗜好を理解して、見守ってあげなきゃ、誰がその役割を果たすんですか?
 
僕自身も、一般化しそうになった時は、一呼吸おいて、「同じに見えるけど、本当は違うんじゃないか?」と自問自答しています。
 
気をつけましょうね。
 
 
ぴょいぴょーい!
広告を非表示にする