読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽむぽむぽえむ。

こころをかいかする。

内向的人間だっているんだぞ!内向的だって素晴らしいのだ。

みんな違って…

 

 

 

桔梗さんがこんなマンガを描いておりました。

 

友達と話すのが疲れる「内向型人間」とは? 解説マンガが話題

 

内容はこんな感じです。(抜粋しております。)

 

f:id:usagoke:20170522213037j:plain

 

f:id:usagoke:20170522213207j:plain

 

充電というのはいい表現ですね!僕も自分の事を内向的な人間だと思ってます。
友達と遊んだりするのは楽しいし、自分にとって必要な時間ではあるのですが、そればっかりだとストレスなんですよね・・・

 

きっと自分の時間が欲しいというより、もっと正確に言うなら、自分の内面に向き合う時間が欲しいということなんだと思いますね。

 

読書、ブログ、お絵かき・・・なんでもそうだと思いますが。

 

f:id:usagoke:20170522214101j:plain

 

f:id:usagoke:20170522214114j:plain

 

f:id:usagoke:20170522214142j:plain

 

よく勘違いされやすい、内気と内向性の違いも分かりやすくまとめて下さってますね!

 

f:id:usagoke:20170522214324j:plain

 

ほんとそうなんですよ・・・昔の人ほどこういう傾向が強い気がしますねぇ・・・
正直、管理職層が個人を画一化してマネジメントするような所は辛い。
その枠に当てはまれなかったら、強制的にできない奴認定ですからね・・・

 

時代はカオスなんです。色んな価値観が混在する時代だからこそ、人には資質があるんだということを、この本を読んで学んでほしいものです・・・

 

 

f:id:usagoke:20170522214342j:plain

 

いますよね・・・チームワーク至上主義みたいな人。何度も言いますが、それが全ての人に当てはまるわけじゃないんですって。
まあ、今の日本の企業で、それを変革するようなことは難しいのかもしれませんが。

 

オフィスの中に『個人の作業部屋』的なところがあったら見てみたいものですww
それじゃあ、組織にいる意味ないって怒られそうですし(笑)。

 

その変革に耐えられない人が、どんどんフリーになっていくんでしょうね、自分のワークスタイルを自分で実現していくのは、この先ますます、合理的な選択肢になっていくんでしょう。
我慢は魂を消耗しますからね。

 

フリーランスを支援するところもいっぱいありますからね!イケダハヤトさんが、こんな記事をまとめていますし。

フリーランスに広がる「福利厚生」の波 : まだ東京で消耗してるの?

 

無料ネットショップ開業「BASE」のおかげで、ハンドクラフトは趣味の範疇を超えましたし。
継続収入が見込めるライター特化の案件が充実した【PVモンスター】もありますし。
手に職のあるデザイナーなら、これもおすすめですよ~。【SKIMA】  

 

クラウドワークスランサーズといった有名どころ以外では、こんなのもありますね。

 WEBスキルを活かして在宅ワークするなら月額固定・長期案件【TEAMWORKERS - チームワーカーズ - 】

 シュフティ

 

 

最後はこんな言葉で締めくくられてますね。

 

f:id:usagoke:20170522220818j:plain

 

かわいい。

 

作者の桔梗さんは、BuzzFeedの取材でこう答えています。

 

「このマンガで一番伝えたかったのは、人によって充電方法と集中方法が違うだけ。いろんな性格があるから、否定から入らずに受け入れてもらいたいということです」

「私自身も外向型のタイプの方が理解できず、『なんでこの人たちはそんなに寂しがるんだろう』『1人でやる方が集中できるじゃん』などと思っていたので、私自身も心を入れ替えたいと思っています」

 

否定から入るのではなく、こういう人もいるのかあという姿勢は、何にでも通じる大事なことだと思いますね。

 

ぴょいぴょーい! 

自分を知らなきゃ、高いところには登れないのさ。

しゃがみこんで、ジャンプだ

 

 

 

 

 

 

 

 


僕らはどれだけ自分を知っているのでしょう。

自分を知るというのは、かなりややこしいことです。

 

人から見た、自分がそう思わない自分でさえも、自分かもしれない。認めたくない自分も自分かもしれない。
人も、自分も、自分さえも知らない自分が自分かもしれない。


こうなると、もう考えをやめて、のうのうと生きる方が楽だと思うでしょうが。
それは違うと思うのです。

 

多くの人が自分を知らないか、知ろうとしないがために今の環境から抜け出せない。

 

今の仕事は安定しているけど、特にやりたいこともない。
そもそも自分に何が向いているか分からない…から、次のアクションを起こしづらい…転職先の仕事も合わなかったらどうしようとか。

 

乙で〜す♡

 

 

今はこんなのありますけどねえ。

 

これは自分を知る努力を怠ったったために起きた結果です。ドンマイ♡

 

自分を知るということは、痛みを伴うことでもありますからねえ。日本では、足るを知るなんて言いますけど、自分を受け入れるということは、嫌だと思う自分すらも受け止めるということですから・・・

 

 

 

多くの人が抱える悩みや、迷いって、自分を知らないからこそ生まれるんじゃないかって、思うんです。

 

もちろん、自分の向き不向き・好きなことや、自分を知ることにゴールはありませんよ。歴史上の哲学者たちが悩み抜いても、出なかった答えですからね・・・

 

ただ、自分を知ることで、いい意味で、割り切って、「ま、いいか」と思うことができるんです。

 

できないことよりも、できることを。嫌いなことよりも好きなことを。合わない人よりも合う人を。

 

人生を楽に生きるための、選択の幅が広がると思うんですよね。

 

自分を知るために僕らができること。

1.たくさん行動すること。

時間のある学生時代に、何でもやってみるというのは、自分にとって有益なリソースをため込めると思うんですよねぇ。

 

好きも嫌いも、向きも不向きも、学生のときに知ってしまいましょう。そうすると、これからの人生、グッと楽になる気がします。
若いうちから、自分の得意や強みを知っていれば、わざわざ、向いてないことをする必要性がないですからねえ。

 

中卒・高卒の都心体験型インターンシップ!】  

ラングリッチのskype英会話。  

本格的な留学の前にまずは0円留学

 

インターン、留学、ボランティアなど・・・今の時代、自分の可能性を広げる選択肢はいっぱいありますよね。

かくいう僕も、色んな経験をしてきました。

 

どんどん自分の可能性を広げるために、多動的に生きるという、生き方をホリエモンさんも掲げていますね。

 

なんとなくではあるかもしれませんが、自分を知ったからこそ、今の自分の行動に確信を持てている節もありますねぇ。

 

 

2.診断ツールを使おう。


今は、本当に便利な時代ですねえ・・・自分を知るための診断ツールなんて、いっぱいあるんですよねえ。

 

これもめっちゃ流行ってますよね~

 

これなんかもすんげえ、当たりますねw自分のこと書いているのか?と思うくらいです。

 

あとは、やはり大御所中の大御所、ストレングスファインダー。

 

解説も充実していますし、自分を知るとなったら、とりあえずやっておけ!的な一冊です。

 

あとは、価値観に基づく強みを知れるVIAですねえ。こちらも科学的根拠に基づいた質問に答えて、自分の24の強みを知ることができるんです。

 

強み診断ツール『VIA-IS』の紹介|ポジティブ心理学 無料心理テスト

 

 

自分を知りましょう。高いところに行きたいなら、まず、自分の内面を見つめ、深く自分とともにしゃがむしかないんです。

 

自分を知るって怖いけど、面白いんですよ。

 

ぴょいぴょーい!

痴漢にみる社会の息苦しさと、その暴力性。

痴漢アカン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Teach For Japan代表の松田悠介さんのブログが物議を醸してますね・・・

 

 

ああ・・・なんという息苦しさ。

 

 

この国の息苦しさを作っているのは、間違いなく僕ら一人一人なんですよ。いつまで傍観してるつもりなの?

 

松田さんのブログのコメント見ましたけど・・・ひどすぎるでしょ、これは。

 

この状況で女性だけが謝ることになったということは、「テメーみたいなブスを誰が触るんだよ。勘違いしてんじゃねーよ。本当に気持ち悪いな!」という発言に対して男性は謝らなかったのでしょうか。その女性は、勘違いをしたことについてはその弾性に謝らないといけないと思いますし、彼女の勘違いが上記の発言を誘発したのは事実ですが、周囲にいた人はあなたも含め、そんな性差別主義的な発言に対しては謝罪を促さなかったのでしょうか。こちらが教育ブログであるだけに、大きな疑問が残りました。

原文ママです。

 

謝罪。謝罪。謝罪。謝罪。謝罪。謝罪。謝罪。謝罪。謝罪。謝罪。謝罪。謝罪。


ああ、ゲシュタルト崩壊するところだった。

 

この国は本当に謝罪が好きですよね。

 

論点がずれまくりなんですよ・・・肝心な点は謝罪の有無じゃないでしょうが。そんな表面的な部分でしか物事を捉えられないから、息苦しさがはびこるのだよ・・・

 

『こちらが教育ブログであるだけに、大きな疑問が残りました。』とかwww
申し訳ないですが、その傍観者視点が、誰かを苦しめているとも思うのですがねえ。
その脳みそ使って、もっと違う視点から物事論じてください。

 

○○な人だから、○○すべきだみたいな論調が、人の心から余裕を奪うんです。

 

これもまた笑えますぜ。

 

女性の謝罪というのはどのような感じだったのでしょうか?
女性は勘違いだったと主張したのでしょうか?
松田さんがいなければ、男性は冤罪で痴漢扱いされたはずなのに女性は謝罪のみですものでしょうか?
かなり善意に解釈して女性の勘違いだったとしても、駅員と警官の態度は許されません。きちんと謝罪したのでしょうか?
女性と男性の扱いが非対称すぎます。なんかモヤモヤします。

松田さんの行動は立派です。

 

いやwwwわざとじゃないんですw面白いくらいに男女対比的なコメントでwww

 

個人同士が頭下げあったところで、根本問題は何も解決しないんだよ、ぽんこつめ。

 

謝るべきだ。敬うべきだ。感謝すべきだ。という同調圧力が僕らの心をどんなに痛めつけてきたのか分からないのかい?
あなただって、傍観者じゃないはずだ。

 

思えば、この社会が寛容であるはずがなくて。だって、些細なことを許し受け止める、心の余裕を持っている人があまりにも少ないから。

 

 

まあ、ただ他人には望みませんから・・・僕は粛々と自分の好きな事をして、心にすきまを作り続けるのみです。
そして、ゆとりある人生を歩みますから。

 

勝手に我慢して、勝手に感情を喚き散らし、コミュニケーションもままならず、家族や友人や公共の人々を傷つける人たちは、永遠にそこにいるがいい。

勝手な我慢で勝手に傷ついた心はあんた自身でしか、癒せないんだよ。

 

ぴょいぴょーい!

詩。『Sahara』

歴史はくりかえす

f:id:usagoke:20170519003027j:plain

 

 

・・・・・・

 

輝かしい季節 彩り その目に浮かび

雲はやがて 枯れた地に雨を呼ぶ

砂に舞い ただずむ旅人の影

今は無き その営み

行くあてもなくさまよう 歴史の人

 

雨は途絶えて 足跡を刻みゆく

遠い大地の足音を夢見ている

未来を導く風は 私をどこに運ぶの?

 

送る日々 ささやかな 愛しさに包まれ

燦然と瞬く 星 記憶の地図

選ばれし者 哀れな 孤独な支配

崩れゆく王の座

太陽は捨てられて また命を探す

 

雨は途絶えて 足跡を刻みゆく

遠い大地の足音を夢見ている

未来を導く風は 私をどこに運ぶの?

 

・・・・・・

 

ぴょいぴょーい!

じっくり生きてみるという提案です。

コーヒーみたいに生きる

 

 

 

 

 

言いたいことは、あんまり変わらないですねえ。

 

いや、確かにスピード感も大事ですよ。特にこの業界は。1ヵ月前のおnewだった情報もあっという間に廃れていきますし・・・好機も逃すし・・・

今、仮想通貨もバブルですしねぇ。この波もまた去っていくのでしょうが・・・ああ無常。

 

大事なのはやっぱりバランスで、スピード感を持つべきところと、ゆったりやるべきところを、しっかりとわきまえるってことなんでしょうね。

 

スピードの世界にいては、やはり人間は消耗してしまうと思うんです。僕らは何だかんだ言っても動物で、自然的生き物ですから。

 

じっくりと生きてみる時間も必要なんじゃないかなと。

 

東京で生活をし、早5年。感じることはせわしなさの一点に尽きます。この場所じゃあ、じっくりコーヒーも煎れてられない。

 

コーヒーライフを送ろう。

直感ですが、時機がくれば地方に移住するんだなあと思ってます。僕は人間らしくありたいので。仮にもうさぎごけだし。

 

やっぱり環境って大きくて、気づかぬ間に都会という名のかまいたちに魂刈り取られてるんですよ。
満員電車のストレスとか測ったらどうなるんだろう・・・やばそう。乗った瞬間男臭い車両とかあるじゃないすか。もう最悪ですよ。

 

まあ、僕はフローラルのかほりを漂わせる一輪の花なので。加齢臭とはまだ無縁ですねん。

 

冗談は抜きで。
このスーパーシティの圧力はやはりバカにはできません。東京は戦場ですよね。頑張れサラリーマン。

 

イケダハヤトさんなんか、常に煽ってますけど、やっぱり彼の言い分は真理を含んでいると思うのです。

まだ東京で消耗してるの?

 

じっくり生きるための環境を整えていくのもまた、粋じゃないですか。自分の仕事にゆっくり向き合って、クリエイティブを発揮したいのです。僕は。

 

地域おこし協力隊もありますし、東京でゆく当てもなくさまよっているなら、地方で3年ゆったり自分を見つめながら生きるのも面白そうですよねえ。

 

 

 

ぴょいぴょーい!